So-net無料ブログ作成

花子とアン 長谷部汀先生 久しぶり [花子とアン]

スポンサードリンク




花子とアン

長谷部汀先生が出てこないと心配していたら、出てこられました。
戦争の状況を記事にするため、従軍記者として戦地に赴く
宇田川先生の壮行会に出席するためでした。

あれれ、この日集まった女流作歌たちは以前、女性の権利を獲得するために
立ち上がったのではなかったですか。

すでに日中戦争も始まっており、社会運動への取り締まりも
ますます厳しくなってくる時勢です。

長谷部汀のモデルとされる長谷川時雨も、最初は社会運動に力を
いれていましたが、この頃から戦争を支持する方向に変わったようです。

当時の女流作家で従軍記者になったのは、長谷川時雨主宰の雑誌に
「放浪記」を連載していた林芙美子でした。

宇田川先生には複数の女流作家のキャラクターが重ねられています。

さてこの先生、どういう記事を発信するのでしょうか。
戦争を批判するのか、戦意の高揚を目指すのか。
時代の流れから、批判することは無理ではないでしょうか。
一個人の力ではどうしようもない流れです。

すでにこの当時新聞は、政府や軍部を批判することは困難でした。
その一方で新聞は対外強硬路線を主張してもいました。

本来、マスコミの役割は時の権力から距離をおいて
冷静に批判的に権力を監視することです。

いつの時代もそうあるべきです。

皆さんが気勢をあげている中で、花子と蓮子さんは、浮かない
表情をしていました。

花子さんはこの時代をどう生きていくのか。



スポンサードリンク



タグ:長谷部汀
nice!(0) 

nice! 0

FX

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。