So-net無料ブログ作成

花子とアン そしてつばめの巣立ち [花子とアン]

スポンサードリンク




花子とアン

伝助の捜索の手から逃れるため
蓮子さんは、甲府の花子の実家に隠れました。

宮本は花子の家に隠れました。
どうみても花子の家は危険でしょう。

何故安全だと判断したのでしょう。
案の定、すぐ伝助に見つかったではないですか。

ところで村岡と花子の赤ちゃんの名前は「歩」
宮本を演じている俳優の名前は「中島歩」
NHKさん手抜きでは。

つばめの赤ちゃんが1羽になりました。
ほかの4羽は巣立っていきました。
1羽だけポツンと寂しそうです。

つばめ1羽.jpg
      (1羽になったすずめ)

この1羽は、巣からぶらさっがていたところを、
助けてあげたあのつばめです。
体が一番小さかったから分かります。

親の姿が見当たりません。
親はちゃんと餌をはこんでくれるでしょうか、すこし心配です。


妻の妹の家で、ボーダーコリーを飼っています。
数ヶ月前、5匹の赤ちゃんが生まれました。

そのうち一匹だけ、ほかの赤ちゃんの半分くらいの大きさでした。
最初は心配しましたが、小さいながらも元気よく育ちました。

幸い5匹とも、嫁ぎ先がきまり、もらわれていきました。
犬は小さくて生まれても,人間が育ててくれます。

つばめはどうなのでしょう。
人間が手をだすわけにはいきません。

つばめの場合、小さいままでは、自然のなかで生きていくのは
難しいでしょう。

親も小さい子を育てるのは無理と知っていて、
あえて育てないのでしょうか。

自然は美しい、優しい、そして時に厳しい。

我がマンションの1階に住む方が、つばめについて詳しい。
しょっちゅう観察しているそうです。

「大丈夫、親は必ず迎えに来る。人間みたいに冷たくない。
ただ早く巣立たせるため、今はあまり餌を運ばない。早く巣から
出るよう促している。」そうです。

よかった!!





スポンサードリンク



nice!(0) 

nice! 0

FX

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。