So-net無料ブログ作成
検索選択
全米プロゴルフ ブログトップ
前の1件 | -

ミケルソン、ファウラーのスポーツマンシップ 全米プロゴルフ [全米プロゴルフ]

スポンサードリンク




ミケルソン、ファウラーのスポーツマンシップあっぱれ!

昨日全米プロゴルフ選手権のことを書きました。
雨のせいでスタートが遅れ、コースがだいぶ暗くなってきた時です。

最終ホールで、ミケルソン・ファウラー組がティショットを打った後
自分たちがセカンドショットを打つ前に、マキロイたちの組に
ティショットを打たせた場面を、珍しいことだと書きましたが。

今日「YAHOOニュース」をみていたら、この時のことが記事に出ていました。
記事によると、ファウラーが「合図をしたらティショットを打ってくれ」と
マキロイに声をかけたそうです。

確かにテレビ画面でも、ティショットを打ち終えたファウラーが
後ろにいたマキロイに、何か声をかけている映像が映っていました。

ああ何か言ってるなと思いましたが、あのとき「打ってくれ」と
言っていたんですね。

こういう場合は、大会関係者ではなく、選手同士で決めるのですかね。
「暗くなってきたから,打ちなよ」「OK、サンキュー」

さらにミケルソン・ファウラー組は、セカンドショットを打ち終えた後
グリーンをあけて、再びマキロイたちに、セカンドショットを打たせたのです。

おかげで、サスペンデッドになって最後のプレーが翌日になる
ということもなく、マキロイは無事優勝することが出来ました。

もし翌日に、最終ホールだけプレーするとなったらどうなんでしょう。
ガラリと調子が変わってしまうかもしれません。

厳しい優勝争いをしている最中にも、こんなスポーツマンシップが
発揮されていたとは。

世界トップクラスは、技術だけでなくハートもすばらしい。
マキロイは優勝スピーチで、二人に感謝の言葉を述べたそうです。

いいお話でした!!




スポンサードリンク



タグ:全米プロ
nice!(0) 
前の1件 | - 全米プロゴルフ ブログトップ
FX