So-net無料ブログ作成
検索選択
つばめ ブログトップ

つばめの赤ちゃん」を助ける [つばめ]

スポンサードリンク




先日のことです。

マンション入り口のインターホンから(我が家は4階建ての
小さなマンションの3階部分)妻の声。
「なにか、台を持って、すぐ降りてきて」

なんのことか分からないまま、高さ50cmくらいのミシン用の椅子を
ぶらさげて下に降りました。

外に出ると、妻が上を見ながら「ほら、そこそこ」と言うので、見上げると
つばめの赤ちゃんが、巣から30cm位のところにぶらさがっていました。

つばめの親が巣の廻りを飛びながら「チッチ、チッチ」と大騒ぎしていたので
気が付いたそうです。

我がマンションは、エントランスを出たところが庇状になっていて、
そこにつばめが巣を作っています。
巣が出来てから、もう5~6年経っています。
1度こわれましたが、つばめは健気に作り直していました。

毎年、6月になるとつばめがやってきます。
そして巣の補強をして、子育ての準備をします。
7月には、赤ちゃんが元気よく口をあけて、餌をせがむ姿が見られます。

つばめ_.jpg
   (5羽のすずめの赤ちゃん)

糞をするので、巣の下の部分が汚れますが、その部分にダンボールを
おいて汚れるのを防いでいます。  


マンションの住人は、つばめの巣は縁起がよいので壊さないと意見が一致
しているので、つばめが巣立つまでは、この状態です。


さて、台にあがってよく見ると、つばめの赤ちゃんの足に糸がからまっていました。
つばめの親が巣を補強した時、巣の材料のなかに糸が入っていたのでしょう。

その糸が巣から30cm位たれていました。その先端にぶらさがっていたのです。
もし糸がからまっていなければ、下に落ちているところでした。

そっと抱いて糸をはずしました。その間赤ちゃんは、じたばたすることなく、
おとなしくしていました。

脚立でもあれば巣の中も見えたでしょうが、高さ50cm位の台では、
巣の中までは見えないので、手を伸ばし手探りで、ほかの赤ちゃんに
ぶつからないように、気をつかいながら、戻してやりました。

ちゃんと元に戻せたか心配でしたが、5羽の赤ちゃんが顔を揃え、
親も、もとどうり餌を運んでいたので、たぶん大丈夫でしょう




スポンサードリンク



つばめ ブログトップ
FX